女性のためのPMS治療ガイド

PMSを治療して、一刻も早く苦しみから解放されましょう。

PMS治療最前線&PMS治療法をご紹介

PMSで毎月お悩みのあなたのために、PMSの治療で評判の良いクリニックを集めてきました。それぞれのクリニックの特徴や治療方法を網羅しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて、PMSに関する正しい知識を身に付けてほしく、さまざま豆知識ページを置きました。周囲との関わり方など、具体的な方法を解説しているページもあります。

PMSで悩んでいるのは、あなただけではありません。一刻も早く治療して、充実した毎日を送るための土台を作りましょう!

PMSはクリニックで治療できる

PMSの時期がくると、ひたすら耐えるだけ、という女性が多いかも知れません。しかし、ご存知でしたか? PMSは、クリニックで治療できることを。

PMSの原因の多くはホルモンバランスの変化ですから、これを正常化すれば症状はある程度治まります。クリニックでは、PMSに対して主に以下のような治療を行っています。

栄養療法

薬に頼らない治療法です。不足している栄養を[補うことで体質を根本から改善し、PMSになりにくい体をつくります。副作用が一切ないため、妊婦さんや妊活中・授乳中の方にもおすすめです。

栄養療法のオススメクリニック

  • クリニック・ハイジーア
    クリニック・ハイジーアのHP画像

あらゆる婦人系疾患において、栄養療法による根本的改善を目的とした治療を行うクリニック。効果と安全性の両立を掲げ、副作用の可能性のある治療は一切取り入れていません。

PMS治療では、採血など60種類以上もの詳しい検査を実施。一人ひとり異なるPMSの原因をつきとめ、根本的改善に必要な栄養をサプリなどで処方しています。

クリニック・ハイジーアの公式HPを見る>>

漢方療法

漢方薬を使って症状を和らげるとともに、体質の改善も目指した治療法です。

漢方療法のオススメクリニック

  • ひびおクリニック

心療内科ではありますが、精神疾患から婦人科系疾患まで幅広く診療を行っているクリニック。患者との対話を重視し、不安を和らげながら、主に漢方を用いた治療で症状の緩和を図ります。

PMSで生じるうつ症状などに対して、漢方薬や抗不安薬を処方。必要に応じて、他の専門医の紹介も行っています。

ひびおクリニックの公式HPを見る>>

薬物療法

低用量ピルなどを使って擬似的に妊娠状態をつくり、PMSを起こりにくくする治療法です。

薬物療法のオススメクリニック

  • ケイレディースクリニック新宿

婦人科の他、美容皮膚科を併設した、女性のためのクリニック。産婦人科はなく、PMSなど女性特有の悩みを気兼ねなく相談することができます。特に話しにくい悩みについては、メールによる相談も可能です。

PMS治療は低用量ピルが中心。診療にじっくり時間をかけ、患者一人ひとりに合った量を見極め、処方してくれます。

ケイレディースクリニックの公式HPを見る>>

各療法のページにて、詳しい治療の流れやおすすめのクリニックなどもご紹介していますので、自分に合った治療法を探してみてください。適切な治療を行えば、PMSの辛い症状も改善することができるでしょう。

こんな症状が出たらPMSかも?

PMSかどうかを判断するチェックリストです。
生理が順調な方で、かつ生理2週間ほど前から次のような症状が見られる場合は、PMSの可能性ありです。

☑ イライラする
☑ うつ症状になる
☑ 不安になる
☑ 涙もろくなる
☑ 集中力がなくなる
☑ 性欲が高まる、またはなくなる
☑ 感情をコントロールできない
☑ 無気力になる
☑ 自信がなくなる
☑ 下腹部が痛む
☑ 手足がむくむ
☑ 手足が冷える
☑ 頭痛
☑ めまい
☑ ニキビ
☑ 過食
☑ 便秘、または下痢
☑ 体重増
☑ 疲れやすい
☑ 眠い、または眠れない

いかがでしたか?
これらにあてはまる数が多ければ多いほど、PMSの症状が重いと判断しましょう。

PMSってなんですか?

PMSとは、女性ホルモンの分泌量の変化が原因で生じる、心身のさまざまな症状のこと。「生理痛」や「生理前のイライラ」も、PMSの一種。月経の始まる2週間ほど前から症状が現れ、月経が開始するとほどなく症状が消えるのが特徴です。

PMSには、現在確認されているだけでも200種類近い症状があります。ほとんどの女性においてPMSは経験済みでしょう。

症状の重さには個人差があります。また、同じ人でも、時期によって重さの程度が異なります。重篤化した場合には、朝布団から起き上がれない、何もかもが嫌になる、会社に行けない、家事ができないなど、日常生活に大きな支障をきたす場合があります。

PMSは、ストレスにより悪化することが分かっています。一人で悶々と悩んでいるとストレスがたまり、かえって症状を悪化させることも。症状を自覚したら、無理をせず信頼できるクリニックで治療することをお勧めします。

 
ページの先頭へ
女性のためのPMS治療ガイド